スターサーバープラスでGoogle Apps (Gmail)が使えるように

スターサーバープラスのメール機能は転送のみ、送信はできない、という制限があって不便だが、Google Apps を使えば Gmail の機能で ○○@独自ドメイン名 のメルアドから送信もできるし、PCのメールクライアントも使えるようになる、という話だったので設定を試みたが、なかなかすぐに使えるようにならず。(先日の記事→ http://www.4f8m.com/?p=18 )
最大で48時間待つという話だったので、待ったが使えるようにならず(^^;、って事で、Google Apps のアカウントにログインしてみたところ、以下のメッセージ:

Whoops! You indicated earlier that you changed your MX records to point to Google, but it's been over 48 hours and they still don't point to our servers. This might mean you made a typing error or some other mistake. That's ok. You can fix this by changing your records again.

MXレコードの変更が間違ってるって話。
で、色々調べた結果、結論は、スターサーバープラスの「GoogleApps簡単設定」の「Gmail用MXレコード設定」は、「設定済み」にするだけでは駄目で、「レコード一覧」へ行って
「4f8m.com MX 4f8m.com 0」 (4f8m.com は独自ドメイン名)
という行を削除しなければならない、という事。
やってみたら、1時間後には、あっさり使えるようになっていた。(^^;

確かに、注意書きに

【ご注意!】
本機能にて追加されるMXレコード以外のMXレコードが設定されている場合、正常にGmailがご利用いただけない場合があります。不要なMXレコードが存在する場合は削除してください。

って書いてあったけど、「簡単設定」を名乗るんなら、その辺は自動でやってくれても良いような気がするんですけどぉ。(^^;

その後、PCで Thunderbird での送受信を試みる。
開通前に作っておいたアカウントではどうも上手く行かないので、一旦削除して「メールアカウントを追加」
をやり直したら、あっさりOKに。(^^;
IMAP の設定は、Gmail のヘルプに書いてある推奨設定に素直に従っておく。
browser.cache.memory.capacity
mail.server.default.fetch_by_chunks
の設定もしておいたが、どの程度の効果があるのかは、調べる手段が無いから何とも……(^^;

Google Apps の無料版では、アカウントを10個まで作れるという事なので、取り敢えず2個目のアカウント(メルアド)を作ってみる。
1個目のアカウントと、基本的に同じなのだが、同じように Thunderbird の設定をしたら、フォルダ名が英語になってる!(^^;
アカウントを作る時に英語で作っちゃってた。(^^;
別に害があるわけでもないと思うが、不統一なのもどうかと思ったので、Gmail の方を日本語に変更してから Thunderbird もアカウントを作り直す。
Gmail は英語→日本語にしただけだと、"Follow up" "Misc" "Priority" は自動的に"要対応" "優先度高" "その他" にはならないらしい。(^^;
まあ、このくらいは良いか。必要になったら、日本語でフォルダ作れば良いだけの話だろう。(たぶん)(^^;