四方八面データ:下線、イタリック、太字、下付き文字etc.

TOEICの文法問題風データ

8面式単語カード「四方八面」は、「htmlタグ」を使う事で、比較的簡単に下線、イタリック等が使用可能。次のバージョンのリリースに合わせて、現在、その辺りの機能を使ったサンプルデータを作成中。
こんなデータも、UTF-8対応のエディタだけで作成可能。(^^) (クリックで拡大表示)→

htmlタグを書くのはちょっと手間が掛かるが、エディタの「マクロ」機能を利用すれば簡単になる。
選択した範囲に下線を引いたり、イタリックにしたりする「マクロ」を作成して登録、それをホット・キーで呼び出せるようにしておくと良い。(^^)

実際のマクロの作成や使い方については、明日書く予定。(^^;