四方八面用データ「周期表」をTTSで読ませる

四方八面用データ「周期表」の作成をしていて、Text-to-speech で読み上げをさせる事を思い付いた。

やってみると、ヘリウム"He"が「エイチ・イー」でなく「ヒー」と読まれてしまう等、2文字以上の記号を上手く読んでくれないという問題が発生。(^^;
全角文字で入力するとか、敢えて英語でなく日本語として読ませる等を試してみたが、それでも"He"は「ヒー」と読まれてしまう。(^^;

色々試した結果、間に半角スペースを入れて読ませればほぼOK、という事になった。("He"は"H e"、"Uuo"は"U u o"とする)'A'が「エイ」でなく「ア」と読まれてしまうのが惜しいところだが。(^^;
ちなみに、日本語として読ませようとすると、"N2 TTS"は'M'を「メガ」、'L'を「リットル」と発音してしまったので、英語として読ませる事に。(^^;

"N2 TTS"は、無料で使える日本語TTSで、私のIS01(Android 1.6)でも動いてくれる、大変有り難いソフト。(^^)
ただ、「白金」を「しろがね」と読むのはしょうがないにしても、「金」を「キム」と読むのは何故?(^^;